2015年1月2日金曜日

アイドリングストップ時 ナビが落ちないように改造

街乗りでは,のほほんと燃費重視運転をしている自分。
信号待ちでは手動のアイドリングストップも実施中。
手動アイドリングストップの一番のデメリットは
いちいちナビがストップしてしまうところ。
出先の交差点とかでナビを使っている時に
ナビが落ちてしまうと・・・ 何のためのナビだったのかと。

というわけで,ACC⇒エンジンスタート時にACC電源が落ちないように改造。
これでアイドリングストップしてもナビが落ちない!

やることはIGN電源からACC電源に向けて整流ダイオードを挟むだけ。
ダイオードにはACC電源が復活するまでの間電流が流れることになる。
ナビの動作電流自体は常時電源から流れるため,
ACC電源から大電流を引くことはないはずだが,
念のため,15A品のダイオードをチョイス。(ナビ以外の電装品もあるし)


整流ダイオード
IGN電源とACC電源へ配線
いつでもダイオードを切り離せるようにSWを追加

とまぁ これだけでアイドリングストップでナビが起動したままに。
手動アイドリングストップする人には何気に便利な機能。

※注意点※
ただし,ACC電源がダイオードのVF分だけ電圧降下するため,
ナビによっては正常動作しない可能性も。バッテリがヘタっている場合もNG。
もちろん,改造は自己責任で。

0 件のコメント:

コメントを投稿