2013年8月31日土曜日

Logicool M500 チャタリング修理 その2

以前,こちらでロジクールのマウスのチャタリングを修理したのですが,
だんだん再発してきてしまいました…。

チャタリング抑制の容量をつけているにも関わらず
再発するということは,マイクロスイッチそのものが
相当悪い状態になっていると思われるわけで。
今回は,マイクロスイッチ自体を交換することにしました。

ロジクール製のマウスにはD2FC-F-7Nが使われていることが多いので,
チャタリングを起こしていない別のマウスから移植することに。

ロジクールのOEMと思われる飯山の無線マウス/キーボード。
分解してみたところ,ビンゴ。

こいつ。古いけどチャタリングはしていない。

というわけで,マイクロスイッチを移植して完治。
追加していたコンデンサも外してしまいましたが,
気持ちいい動作に戻りました。
気に入っているマウスなので,まだまだ延命していこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿