2013年1月8日火曜日

Buffalo LS-HGL F/W ダウングレード

前回,LS-H500GLをLS-H2.0TGL化してみた。

基本的には問題無いのですが,
たまーに PC連動電源機能がうまく働いていないっぽい・・・。
(LEDが点滅してフリーズ状態)
以前はそのような症状は無かったはず。
連動機能がないと常時ON運用で電気代が掛かるし・・。
HDDの寿命も縮みそうだし・・。

以前との変化点を考えると,
HDDの換装以外はF/Wが1.07βとなっているくらい。

というわけで,F/Wを1.07β→1.06に戻してみようということに。

しかしながら,BuffaloからDLしたF/Wはダウングレードを許していないようで,
LSUpdater.exeでNASを検索しても”見つかりません”と。

で。おもむろにLSUpdater.iniを開いてみたら,


[Flags]
VersionCheck = 1

というそれっぽいフラグを発見。
1→0に変更したところ,無事にダウングレードを受け付けてくれました。

こんなかんじ。

このダウングレードによりPC連動電源機能が完治したかは定かではありませんが,
今のところ症状は出なくなりました。



0 件のコメント:

コメントを投稿