2012年2月5日日曜日

HTC Desire root化

Softbank純正 HTC Desireのroot化をやってみた。(初代有機ELの方)

この機種は,Androidの先駆け的モデル。
OSは公式には2.2 froyo止まり。
HTC Senseを搭載しており,レスポンスは申し分ないのですが,
内蔵ROM容量が512MBしかなく,出荷時状態で
ユーザが使える領域が150MB程度・・・。
アプリを何個かインストールするとあっという間に容量不足に・・・。

今回,容量不足を解消するために,root化+a2sdpを試みてみました。
詳細はwiki等を参考にして頂き,備忘録程度の記事を書いてみます。

【環境(携帯,PC)】
HBOOT-0.93.0001
RADIO-5.11.05.14
Android 2.2 Softbank純正
Windows7 SDKインストール済み

【root化】
ご存知,unrevokedを利用させていただきました。
クリーンな環境でroot化したかった為,
一度工場出荷時に戻し,SDカードもFAT32フォーマットした状態で適用。
無事root化できました。

【a2sd+】
a2sd+を導入することによってアプリをEXTパーティションに
インストールする機能が追加されます。(a2sd対応アプリのみ)
Gpartedを使ってSDカードにEXTパーティションを切りました。
第1の領域をFAT32,第2の領域をEXT3:1024MB,Swap=0。
a2sd+インストール手順はwiki参照。
ちなみに,アプリをSDカードにインストールすることになるので,
SDカードのRead/Writeスピードが重要です。
この際だったのでClass10 8GBを新調しました。

【メモ1】
USBデバイスドライバ 追記内容
; HTC Desire
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C87
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0BB4&PID_0C87&MI_01


というわけで,容量不足の呪縛から解かれたDesireが完成。
すべて無事に終わったかというと,途中でトラブルはありまして,
起動画面ループのプチ文鎮化になってしまいました。
rom managerでroot取得後にbackupを取っておいたROMで
なんとか元に戻りましたが・・。backupは重要です。
あのまま戻らなかったら,純正ROMとサヨナラしていただけかもしれないけどw

GoogleEarth,Skype,Flash・・・等々 60アプリほど入れてみましたが,
内蔵メモリは60MB程残っています。
QuickSystemInfoでa2sdストレージを確認したところ
250MB程使用されていました。純正状態ではパンクですね。



※お約束ですが,root化は自己責任でお願いします。
root化することによってSoftbankの保障は受けられなくなります。

0 件のコメント:

コメントを投稿