2011年5月25日水曜日

A'PEXi - EXHAUST CONTROL VALVE

R33時代にも付けていたECV。車内からマフラーの音量が調節できる優れもの。
そもそもマフラーはNISMOのベルディナなのでかなり静かなのだが,
とりあえず完全ドノーマルレベルまで音量を下げたいときもある。(嫁子対策)
というわけでR33から移植・・・ と思ったら型番が違うし! 移植不可で買い換えました。。。
(R33用をダメもとで付けてみたけど干渉しちゃって取り付け不可)



まずはジャッキアップ。
車の下で死にたくないので馬+ジャッキ。
えぇ。ドノーマルのボディですが。今エアロを発注中。。。
フランジの穴を拡大加工。
矢印部分を切り取る。ECVが干渉するため。

取り説には助手席下サービスホールから車内にケーブルを引き込むように書いてあったが,
R33のときの経験から運転席後ろにドリルで穴を開けて引き込んだ。
シャーシブラックを塗ってサビ止めをして終了。
こんな感じで運転席横で操作できるように。

手持ちのステーをフル活用してシートをスライドさせても干渉しないよう調整。

全閉から1回転戻しくらいで純正マフラーレベルまで音量が下がります。
2~3回転戻しで”相当静かなスポーツマフラー”。全開で”静かなスポーツマフラー”
街乗り時には2~3回転戻しで使ってみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿