2011年3月30日水曜日

LED電球導入

廊下の照明にはミニクリプトン球が使われているのだが,頻繁にON/OFFするせいか
すぐに切れてしまう。そこでちょっと高いがLED電球に交換してみた。
交換した電球はLDA6LE17BHという製品で,斜め取り付けタイプ。
取り付けた様子はこんな感じ。


白熱電球とLED電球を比較してみる。写真を見ると分かるように
殆ど同じような明るさ/色温度。
実物をよくよく観察してみるとLED電球のほうが若干色温度が高いようで白っぽい。
あと,LEDの方が指向性が強いようで影がくっきりしたかな?
今回は廊下に取り付けたため,白熱電球と殆ど変わらない結果となったが,
広い部屋とかに使うと色温度や指向性の差が顕著に現れるのかもしれない。



白熱電球 ミニクリプトン球60W
LED電球


コストについて考察してみた。
LED電球 vs 白熱電球

Excelにて,それぞれトータルコストを計算してみた。
結論から言うと2.5時間/日くらいの使用では元が取れるまで3年くらい。
3年って微妙な感じだが,玉交換の煩わしさから開放されるってことで許容範囲かな?
クリプトン球は公称寿命が2000時間なのだが,
ON/OFFが激しいともっと早く切れてしまうような気がする・・・。
ちなみに,斜め取り付けタイプはまだ競合がないので値段が高め。
通常のタイプであれば,3年も掛からずに元が取れるだろう。





0 件のコメント:

コメントを投稿